会長挨拶

本年度クラブの活動方針

奉仕しようみんなの人生を豊かにするために

2021-2022年度国際ロータリーシェカール・メータ会長の掲げるテーマは、「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」です。

私たちが共有するロータリーのビジョンに導かれて、大きな夢に向かって下さい。

計画を立て、目標を定め、その目標を達成するようにしましょう。

その目標とは、会員を増やしてロータリーの参加者基盤を広げるという目標、そして、世界に奉仕してより大きなインパクトをもたらすという目標です。

地区のロータリーアンと目標を分かちあい、「もっと行動し、もっと成長する」これは、私たちを導く信念です。「もっと行動し」とは、より大きく、インパクトをもたらす奉仕プロジェクトを意味します。「もっと成長する」とは、会員を増やし、参加者基盤を広げることを意味します。

ポリオ根絶活動、新型コロナウイルスとの闘い、大きなインパクトをもたらすプロジェクトへの取り組み。

会員数を史上初めての 130 万人にするという目標

「女子のエンパワメント」ロータリーの中核的価値観一つは、「多様性」です。多くの場合女子は不利な立場に置かれることが多く、私たちは女子のエンパワメントに取り組むことが重要です。

「私たちには、奉仕し、みんなの人生を豊かにする力と魔法があります」ともに奉仕し、みんなの人生を豊かにしていこうではありませんか。

塩釜ロータリークラブ会長 水野 暢大

スローガン

「奉仕活動を通じて社会への理解を深め仲間を増やそう!」

クラブの活動方針

  • 会員増強の推進(純増3名)
  • 奉仕活動の積極的参加
  • 「四つのテスト」理解と実践の推進
  • 塩釜高等学校インターアクト同好会への協力、支援
  • ボーイスカウト・ガールスカウトへの協力、支援
  • 創立70周年記念事業の実施
  • みんなが集う楽しい例会
会長挨拶

▲ このページの先頭へ