会長挨拶

本年度クラブの活動方針

ロータリーは世界をつなぐ

2019~2020年度国際RCマーク・ダニエル・マローニー会長の掲げるテーマは「ロータリ ーは世界をつなぐ」です。

ロータリーの礎は「つながり」です。地域とのつながりや奉仕活動を通じ、ロータリーがなければ出会うことができなかった人びと、共通の考えを持った人びと、私たちの支援を必要とする人びととのつながり、世界中の地域社会で人生を変えるような活動を行う事を可能にしています。

「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。

ロータリーのビジョンの声明
私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指しています。

また、マローニー会長はロータリーは家族であるにも関わらず、会員組織の構造やリーダーシップの要求などがあることで、今日の若い職業人にとってはロータリーが手の届きにくい存在となっている。ロータリーは家族との時間を犠牲にするのではなく、家族との時間を補うような経験を提供する場である必要があり、クラブが温かく、みんなを受け入れるような雰囲気があれば、家族と奉仕活動は両立でき、家族志向の若い職業人にロータリー奉仕や市民としての参加の機会を提供できると述べております。

塩釜ロータリークラブにおいても、会員同士の交流、地域との交流、奉仕活動を通じての「つながり」を重点課題とし、楽しく有意義なクラブ活動を目指します。

塩釜ロータリークラブ会長 尾花 勉

スローガン

「奉仕活動を通じて社会への理解を深め仲間を増やそう!」

クラブの活動目標

  • 会員増強の推進(純増2名の実現)
  • 奉仕活動への積極的参加
  • 「四つのテスト」の理解と実践の推進
  • 塩釜高等学校インターアクト同好会への協力、支援
  • ボーイスカウト・ガールスカウトへの協力、支援
  • みなとまち100㎞徒歩の旅への協力
会長挨拶

▲ このページの先頭へ